Grandcross logo

【musician】Grandcross JPOP オルタナ おすすめ site top page



アーティストGrandcrossは2000年から活動を開始し。

Grandcrossoの作者でクリエイター・コンポーザー・パフォーマーである、黒澤伸介(Nobuyoshi Kurosawa)自身が高校時代から、未来の恋人のために書き溜めた曲を、各ストリーミング・ダウンロード・アプリから配信開始したのが2016年6月、

愛の星☆愛の星、ほか次々とヒット性の曲を量産し、現代では、進化系のLove Balladなども彼の活動の一つとなっている。

彼の特徴である、多彩性は、彼のボキャブラリーの多さを象徴し、彼のモットーである、音楽に嫌いなジャンルを作らず、あらゆるジャンルのそれぞれの、一生懸命作ったものには、必ず良い部分が隠されている。

という理念に基づき、あらゆる音楽を愛し、好んで聞いている。

そこから、彼のもう一つの特徴である、ハードロックの曲調に乙女チックな恋愛観を、日本語、英語ともにふんだんに盛り込んで、環境が、大きな音を、しかも長時間出せない中、ほぼ1Take、2Take、で作られている楽曲は、生々しさ、たっぷりで、小さな声で歌った楽曲を彩っている。


pease sunflower red Jasper

サンフラワー・レッドジャスパー

太陽に向かって咲く花、ひまわりをモチーフに、鮮やかで可愛い、レッドジャスパーをあしらい、天然石が装いも新たに生まれ変わった、天然石ピアス。

レッドジャスパーは、可愛さ、素直さ、純朴さの象徴という意味を持ち、持つ人を可愛らしく、素直で、優しい人柄へと導く石。

また、精神の集中力を高め、持つ人の心を鎮める効果のある天然石。開運と心の若返りを運ぶ天然石。


pease sunflower gold stone

サンフラワー・ブルーゴールドストーン

一位を意味する、ゴールドストーンは、ブルーの石の中に砂金を散りばめている金鉱石。

意味は、持つ人を成功へと導き、学業成就、目標達成などを成し遂げる時に有効な天然石。

心を鎮めながら育、厳しい現代の中で、一番輝く人になるための要素を引き出すための石。開運と心の成長を意味する。


pease butterfly Amethyst

愛の言葉シリーズ・バタフライ・アメジスト10mm

愛の言葉シリーズ・バタフライは、警手の部分にケージの中のバタフライが生きているようなモチーフをあしらい、中央部に天然石、先端にパールボールをあしらった、縦長のゆらゆら揺れる天然石ピアス。

アメジストは、愛の守護石とされ、持つ人の純潔を保ち、清潔で、潔白な、心を育むとともに、愛の汚れを嫌い、一生懸命なくらいいじらしい愛を育む石。開運とともに愛を守護する天然石。


pease butterfly AAAAA Aquamaline

愛の言葉シリーズ・バタフライ・AAAAAアクアマリン

愛の言葉シリーズ・バタフライは、警手の部分ケージの中のバタフライが生きているようなモチーフをあしらい、中央部に天然石、先端にパールボールをあしらった、縦長のゆらゆら揺れる天然石ピアス。

アクアマリンは、守護石として、その人の性格や気質を導き、特に海の方面での安全や、開運に造詣が深く、旅に持っていくと良いとされる。気持ちを鎮め安堵とともに、心の成熟を完徹させる天然石。


pease butterfly gold stone

愛の言葉シリーズ・バタフライ・ブルーゴールドストーン

一位を意味する、ゴールドストーンは、ブルーの石の中に砂金を散りばめている金鉱石。

意味は、持つ人を成功へと導き、学業成就、目標達成などを成し遂げる時に有効な天然石。

心を鎮めながら育、厳しい現代の中で、一番輝く人になるための要素を引き出すための石。開運と心の成長を意味する。


pease butterfly amethyst

愛の言葉シリーズ・バタフライ・8mmアメジスト

愛の言葉シリーズ・バタフライは、警手の部分にケージの中のバタフライが生きているようなモチーフをあしらい、中央部に天然石、先端にパールボールをあしらった、縦長のゆらゆら揺れる天然石ピアス。

アメジストは、愛の守護石とされ、持つ人の純潔を保ち、清潔で、潔白な、心を育むとともに、愛の汚れを嫌い、一生懸命なくらいいじらしい愛を育む石。

開運とともに愛を守護する天然石。


Pease butterfly fortification agate

愛の言葉シリーズ・バタフライ・フォーティフィケーションアゲート

フォーティフィケーションアゲートは、文字通り、要塞を意味する天然石で、持ち主を守り抜き、鉄壁な居住空間の創出に帰依する。

大理石とも呼ばれていたこの石は、他に、心の平安、集中力、学習などを司る開運の天然石。


Pease butterfly Aqua Maline

愛の言葉シリーズ・バタフライ・アクアマリン

愛の言葉シリーズ・バタフライは、警手の部分ケージの中のバタフライが生きているようなモチーフをあしらい、中央部に天然石、先端にパールボールをあしらった、縦長のゆらゆら揺れる天然石ピアス。

アクアマリンは、守護石として、その人の性格や気質を導き、特に海の方面での安全や、開運に造詣が深く、旅に持っていくと良いとされる。気持ちを鎮め安堵とともに、心の成熟を完徹させる天然石。


Pease butterfly Cluck Crystal

愛の言葉シリーズ・バタフライ・クラック水晶

クラック水晶は、心を浄化し、綺麗で透き通るような清廉潔白を導く天然石。

水晶の持つ、実直さ、素直さ、真面目さなどに加え、クラックが徐々に消え透明になっていく様子から、魂を洗う石としての効果が謳われている。開運の天然石。


Grandcross artists image

Grandcrossは運命の回帰線が、ボーダーラインより沈んだぶん浮上する時にボーダーラインと接する点においての、運命のグランドクロス曲線を意味し、惑星大十字、英雄の象徴である十字架も意味する。

音楽芸術、など多岐にわたる彼の功績もこの世に彼が生きる証となり、人々に愛と幸せに導く音と、ジュエリー制作などで、作品を送り出している。

Spotify Shares

Saint Lover
I wanna see you II
Love Metal
愛の星☆愛の星
Fighting☆Freedom
Cinderella boy
日出ずるこの場所で
Nothing without you II
Hero
Top of the pops
Love Metal II
SNS Shares
ONE(愛になりたい)
MY LOVE☆MY LOVE
You
この愛が世界で一つだけ

Saint☆Lover

I wanna see you II

Love Metal

愛の星☆愛の星

Fighting☆Freedom

Cinderella boy

日出ずるこの場所で

Nothing without you II

Hero

Top of the pops

Love Metal II

ONE(愛になりたい)

MY LOVE☆MY LOVE

You

この愛が世界で一つだけ

Grandcross send message song of love on Guitar main songs for getting more power of sensation as set you happiest to listen music when you must know more newer sence of headline of music scene in now and ever by heared.

Diary 2021

Diary 2021

menu

2021

03/17

陸の生態系・弱肉強食と菌、生物の分類について、とりまとめました。


03/16

海の生態系・アクアリウムの地球版について紐解きます。


03/15

生理物理学を、DNAやRNAの塩基配列に言及し、その細胞分裂の過程や、筋肉の動きのメカニズムについて紐解きます。


03/14

基礎化学と、コロナウィルス騒動。:現代重大な問題である、コロナウィルス、元素周期表に裏付けされる地球について紐解く。


2021/03/17 陸の生態系
  • 有機質の土(砂は無機質・石英等)から、コケ・シダ類、種がむき出しの裸子植物、種を覆う被子植物があり、その葉や種、実を草食動物が食し、
  • その草食動物を肉食動物が食べる。これが、弱肉強食(人は焼肉定食)と呼ばれる。
  • その葉っぱ、亡骸、など、有機質をバクテリア(菌)がたべ、アミノ酸、その他を出す。
  • それが、腐葉土と呼ばれる、樹々、草、植物、ミミズなどが食べる土壌となる。また、生ごみが腐るのは菌による分解によるもので、これが進むと土となる。
  • 菌には、善玉菌・無害(人類にとって)、悪玉菌・有害な酸を出す菌。これがばい菌とよばれ、土が汚いのではなく、ばい菌が汚い。善玉菌・ビフィズス菌・ヤクルト菌・LG24・イースト菌・ビール酵母・酵母・乳酸菌・納豆菌・磯吉菌(肌があれることがある皮脂を分解し匂いを出す菌)、有害なの代表格・風邪ウィルス・インフルエンザウィルス・SARS3(結核菌)・コレラ菌・エボラ・チフス・ペスト・インキン・スピロヘータ・クラミジア・らい病
  • 動物の種類は、偶蹄目、偶蹄亜目、奇蹄目、奇蹄亜目、霊長類・類人猿・ホモサピエンス・ピテカントロプス、鳥類、魚類、爬虫類、両生類、昆虫、蜘蛛。
2021/03/16 海の生態系
  • 植物性プランクトン・ミドリムシ・珪藻などを、エビ・イカ・タコ・カニ・貝の幼精・動物性プランクトンが食べ、それを小魚が食べ、より大きな魚とシャチ・イルカなどがが食べ、
  • 鯨はプランクトン、を食べる。
  • そのほとんどの、亡くなった体を、バクテリアが分解し、ミドリムシ・珪藻などを生じる。
  • 海の表面の大半は、ミドリムシ・珪藻が、浮かんでいるため、水中から、6H2O・大気中から、6CO2を吸収し、C6H12O6+6O2を生じるため・ミトコンドリアによる光合成による。大気の7割の酸素が海で作られているという結果になり、O3・オゾンもしかりとなる。
2021/03/15 生理物理学
  • 細胞の複製には、DNAの二重の螺旋構造を、塩基配列、C・T・A・G、チミン・アデニン・シトシン・グアニンの4つの塩基の内、チミン:アデニン、アデニン:ウラシル(チミン)、シトシン:グアニン、グアニン:シトシンとしか結びつかないことを利用して
  • DNAヘリカーゼ(制限酵素)が、DNAの二重の螺旋をほどき、そこの、DNAの、目的の細胞のページである部分のDNAの片割れに、RNAポリメラーゼ(制限酵素)が取り憑いて、上記の要領で、C・T・A・Gの対になる、塩基をRNA内に蓄えられた、無数のアミノ酸群の中に、メッセンジャーRNAとして伸ばし
  • そこに、工場である、リボソーム(制限酵素)が取り憑いて、UUU、UUA、UACなどと三文字づつ読み上げ、開始符と終止符のある、アミノ酸群(後述)を数珠繋ぎに並べて、電気のショック等でグシャっとするとタンパク質となり、高分子化する。
  • その入子の中に、映しとったDNA、すなわち、DNAレプリケーションが行われ、完全に2本の塩基配列になった、片方にDNAポリメラーゼ(順目)もう片方にDNAポリメラーゼ(逆目)に読み込むための、岡崎フラグメントが起こり、逆目のポリメラーゼは、伸ばしてきた規定値下のDNAの塩基の根本に取り憑き、そのまま、下へ読み上げ、読み終わるまでに、新たに、規定値以下まで伸ばし、また規定値に取り憑くという、尺取り虫的な動きをし、
  • 複製した、DNA、デオ・キシリボ・ヌ・クリーク・アシッド(デオ・キシリボ・ヌクレオチド)を入れ込んで、細胞分裂完成。
Amino acids
  • 次に筋肉細胞の収縮について。筋肉は、多糖体である、グルコースや、一番小さいものでも、無機質より大きな体積を持つ、ブドウ糖・C6H12O6などという糖質や、脂質が蓄えられ、動かそうとすると、神経細胞という管の中にある、水溶性電解質に、電子がピッと流れ、糖を分解、
  • そして、糖分や脂質としての体積を失うとともに、多くのH2O、CO2として、分解されれ、C・炭素は、酸素と結びついて、水素も酸素と結びついて、無機質として、残り、失った体積の分筋肉が収縮し、反対側の筋肉によって戻され、糖分や、脂質を燃料(炭素の燃焼・酸化には、熱を伴う)の補給と、カロリー・熱量、消費を行い、乳酸・二酸化炭素等を発し、
  • 赤血球のなかの、ヘモグロビン(酸化鉄)によって酸素が運ばれ、還元しながら、酸素と、乳酸・二酸化炭素等が置き換えられていく。そのカロリーと、細胞培養過程で必要なタンパク質(アミノ酸群)の補給と、それを助くビタミンの補給などが、血液を通じて行われる。酸化鉄とヘモグロビンの色素は赤く、還元されて、心臓に戻されてから肺に送られていくまで、静脈を通り、青く見える血管のなかを、少し黒ずんだ鉄を含んだ血液が流れていく。また、動脈は、酸化鉄のため赤い。
2021/03/14 元素周期表から紐解く地球。
H                   He
Li Be B  C  N O  F  Ne
Na Mg Al Si P S  Cl Ar
K  Ca
  • 上図の左の列から、アルカリ金属、アルカリ土類金属
  • 右から、希ガス・単体で安定(後述)、ハロゲン元素
  • これらは、元素周期表と言い、段が、電子(Magnetical Electronicity)・の最外殻、K殻、L殻、M殻、N殻
  • で電子がK殻は2個、LMN殻は8個で満タンの状態になることを示し、左から、イオン化しやすい、+1・アルカリ金属、+2・アルカリ土類金属。
  • 右から、希ガス・電子の最外殻が・2・8・8・8・8で満タンのため、単体で安定。-1ハロゲン元素。として、イオン化しやすい=電子を渡し+、電子を貰い+のイオン化する。希ガス同様に、最外殻を満タンか空にして安定しようとする元素の習性に基づいて、イオン化したり、分子を為したりする、量子哲学の根幹部分。
  • 周期表の縦の列は、皆似た性質を示す。
  • これらは、無機化学で、機を持たない分子構造を単純明快に形成している。
  • それに対し、有機化合物である、有機化学では、炭素=炭素結合、炭素=水素結合を元に、高分子ポリマーや、機の形である、エステル・エーテル・アルデヒト・エチレン・ビニール・プラスチック・パラベン・香料などの腕の組織図で六角形の分子構造を持つものを指す。
  • 有機化合物は、単純なもので、基礎的な、炭素の化合物である、アルカン、アルキン空端を発し、C6H12O6・ブドウ糖、は、最も小さい分子構造を持つ人体や生物に対し有力な、有機化合物で、生物の脳に有効な唯一と言っていいほどの成分で、現代では、球状の菌である、コロナウィルス・SARS3・肺結核(中学校の教科書参照)にとっても、体力の素であるこの糖分は有効で
  • その他、化学生成剤のビタミンCと、天然ビタミンCの構造が違うために起きる、航海病で、併発して命取りになるケースもある。
  • また、それに加えて、塩が、夏のエルニーニョによる、南米の二毛作ができるくらいの陽気に左右され、暑さとともに出てしまった、汗の成分の一つ、塩を、現代、高血圧原因として、毛嫌いするために、塩不足で起こる熱中症のため、汗がかけない、病気のための発熱。
  • 改善策は、ラックテック注一本と、ポカリスエットなどの水溶性電解質、果物による天然ビタミンCの摂取が必要である。
  • その無機質の内水=H2Oを、H++OH-に電解した、化学物質を、H+を酸、OH-をアルカリの、大元の要素である、元素または分子として、化合させた物質を、例えば、塩酸・HCl、硫酸・H2SO4、アルカリ、アンモニア水・NH4OH、水酸化ナトリウム・NaOHなど、+-0にするように、電解質同士が結びつく
  • それを、分子と称し、電子の最外殻を満タンか空にするように、すなわち、安定するように、するために結びつくのが、素粒子の素質であり、元素の特性でも、元素周期表の縦の列、が皆似た性質を示すのと同じ、で、活性酸素、オゾン=O3、の層が、大地 のはるか上方1万メートル付近を多い、大気圏を形成し、
  • 隕石や、有害な紫外線から、人体を守っているため、地表は守られている。空気や大気はそのために存在し、窒素N2が故に、隕石は燃え尽きる。何キロ立方メートルにも及ぶ隕石も、地表にと届くころには、皆数センチから、数メートルにしかならない。
  • その大気の、80%は窒素で、残り19%は酸素、残りの0.035%が、温室効果ガス二酸化炭素。残り、小数点以下が、水素、ヘリウムなどのガスの元素、分子である。
  • そのため、太陽の熱を、効率よく、保ったり、冷ましたりしている、空気の存在がある。水素だけの太陽を中心に、より重い元素が、核融合を繰り返し、重い粒子となって、遠心力で、外に飛ばされ、ぶつかり合って、水星、金星、そして、水が、常温で液体であれる星・地球、火星、土星、天王星、楕円の周回起動の冥王星、海王星の順に並んでいる。最近では、太陽系第十惑星になりつつあった、カノンが確認されている。
  • 地表は、枯葉でできた、腐葉土=有機化合物の土、もしくは、石英などの砕けた石が降り積もった=砂・無機質でできていて、火山や、雲、雨によって降り積もっている。岩盤は、火山などで、作られた、流紋岩・花崗岩、安山岩・閃緑岩、玄武岩・反霊岩などの種類に分類され、
  • その火山は、地球のコアで核融合、核分裂が繰り返し行われる、元素の再生工場でできる、地熱により、マグマが生まれ、脈々と流れ出ている火山の噴火などで、層を成して、組み上がっている。
  • 銀河系のアウターリム=銀河系では辺境の星系である、太陽系は、銀河系の北側のアウターリムで、太陽に対し、地軸が23.4°北に傾いている。ため、太陽からみて、銀河の北側に地球が自転している時、北半球は、23.4°分太陽から遠く、南半球を近い。そのため、北半球は冬、南半球は夏。南極の緯度23.4°までは、半年間の昼、反対に太陽の南側にいる時、夜は、銀河系の中心が、太陽と反対となるため、天の川ができ、北半球が、夏、南半球が冬。中間は、春か秋である。
  • 重力については、分子間引力の説が有力で、分子が多ければ多いほど、分子同士引き合う力が強くなる。地球の場合、1Gとその重力の値を定めている。
home