Grandcross Diary of essays new page

Grandcross Diary of essays new page


Top page
Apple Music
Audio Page
Diary 2018
Diary 2018~
Video Page
Site Policy
改訂Diary
Love Ballad site

2013

1.23
打ち込みの機械感:は、定刻道理に、一定の強さで、同じ速度、同じ長さ、少しの狂いもない伴奏からくる。少なくても、ベロシティーをいじってアクセントを加える位したほうがいい。


1.17
iTunes:iPodというメモリー型携帯音楽端末の開発のプラットホームとして生まれた、ネイティブアプリケーション。音楽、ビデオ、アプリケーションなどがとりそろう場所となっている。


1.13
パソコン用語基礎:バイトやピクセルなど、パソコン専用の、通用語を簡略的に明示。いろいろな、操作や、視認、概念についてのやり取りに使えます。


1.11
工場の種類:金属加工(鋳物工場、メッキ工場、旋盤工、や刀鍛冶など)から、繊維工場などを体系的にまとめました。また、組み立て工場なども。


1.11
ギターのチューニング:L.Aメタルにみられる、ダウンチューニングや、ハワイの一子総伝のスラックキー。ひいてはJazzの発祥について


1.2
レコーディングについて:昔の、カセットテープMTRのもとである、オープンテープマルチトラックレコーダーについて、カセットテープを幅広く作り、ヘッドを16個もしくは32個連ねた、トラック別独立録音再生装置などについて。


2012

12.31
コード進行:出尽くしたコード進行にエッセンスを



12.24
デジタルシンセサイザーについて:その音体系や、周波数と鍵盤について



12.23
会社:会社の種類についてその分類を

12.22
シーケンサー、MIDI:DAWやDTMについての接続などに関して

12.23
音楽の壁:音楽に壁を作ると、嫌いなジャンルが、すっぽり抜ける。=幅が狭まる。

12.16
人工衛星:その種類について

12.16
MIDIの規格:ジェネラルMIDIなど日本の統一規格や各社の規格などに言及

12.15
ギターサウンド:ひずみ系のサウンドなどについて

12.14
アコースティックギター:アコースティックギターを、マイクで拾って、録音やライブに生かす。

12.13
マイク~デジタルサウンド:音声データ(空気の波形)をいかに電気化するか、マイクの仕組みについてとらえています。

12.13
MIDI:MIDI(ミュージカル・インストルメント・デジタル・インターフェース)とは何ぞや、に言及。

12.11
PC Recording:PCレコーディングのオーディオインターフェースの内部の仕組みについて、具体例で説明。

12.10
スリーコード:ロックンロールのスリーコード、スケールの一オクターブ中に出てくるたった3つだけのメジャーコードを使った曲の例とメタルのスリーコード。

12.6
楽器のハーモニー:弦楽4重奏について。

12.2
冬到来:エアコンや、オイルヒーターなどの暖房器具の温度設定について。

11.25
ドライブ系エフェクター:ギターのひずみ系エフェクターの原理について、触れています。

11.16
モニタードライバー:について、IP(インターネット・プロトコル)=8Bitでの、ブラウザ互換のモニタードライバーを例に説明しています。

11.13
iTunes:apple社の開発した、携帯音楽プレーヤーのプラットフォームとしてスタートした、iTUnesについて。

11.5
音楽ダウンロード:ダウンロード型音楽アプリケーションについて。そのURLダイレクト入力方法を紹介。

11.3
中古物品販売には古物商の免許が必要:中古CDや、中古のソフトウェアなども全て古物商の免許が必要。そんな中、ストリーミングアプリという、980円程度で聴き放題になる定額制サービスが始まっている。

2013.1.23
  • ドラム、ベース、シンセに、ルームサイズの大きいオンタイムでないリバーブとテンポの速い回数の少ないディレイを薄くかける
  • 8分音符の場合、タイム(クオンタイズ)を、1拍を960分割するMIDIエディタで0と480のところを0と500にする。
  • そしてデュレーション(ノート:音の終了位置)をクオンタイズをオフにしてばらつかせる(音符の額面どおりの長さより短くする)。
  • 16分音符の場合、0、240、480、720のところ、0、250、480、750にする。
  • ハイハットは、リムショット(G#1)、チップショット(F#1)、オープン(A#1)を組み合わせる。
  • 8ビートは、G#1、F#1、G#1、F#1とうち、ベロシティー(打鍵の強さ=音量)を、100、75、100、75とうつ。
  • 16ビートは、G#(タイム0)(100)、F#(250)(75)、F#(480)(80)、F#(750)(75)の繰り返し。
  • 3連符(エイトトリプル=8T)のタイムは、0、320、640。
  • 6連符(ジュウロクトリプル=16T)のタイムは、0、160、320、480、640、800。
  • 2拍3連(フォートリプル=4T)のタイムは、1-0、1-640、2-320。
  • フラム(装飾音)は、クオンタイズをオフにして、少し前倒し(シンコペーション)でタイム900~940くらいにベロシティー75くらいでオンタイムを飾る。
  • スネアのFILLは、右手と左手の強弱をベロシティーで再現するようにばらつかせる=適当。
2013.1.17iTunes
  • appleをインターネットエクスプローラーで検索し、itunesをダウンロード(無料)。
  • iTune Storeで楽曲を購入し、スマートフォン、iPhone、iPod、へ購入した曲をiCloud経由でインポートしたり、有線で同期したり
  • PCのiTunesでapple musicを開始しストリーミングをししたりる。
2013.1.13パソコン用語基礎
  • バイト(Byte)=半角英数文字1文字。メガバイト=百万文字。ギガバイト=10億、テラバイト=1兆
  • ピクセル=画面解像度=画面の基本的点の大きさ、ドット=点の大きさ、点、、DPI=ドットパーインチ
  • クリック=マウスの左前を1回押す=エンターキー=のとパソコンのコントローラーの左手前=意思決定、ダブルクリック=クリックを2回。
  • ドラッグアンドドロップ=マウスの左前ボタンを押したまま(ファイルやアイコンをつかんで)移動し、放したところに移動させる。
  • 右クリック=マウスの右前を押す=そのポインタ(矢印)の場所の、プログラムを開く
  • コピーアンド貼り付け=コピーアンドペースト=ファイルの一部の文字を記憶し(カーソルを持っていって列を網掛け、右クリック~コピー)
  • ほかの場所に複製し貼り付ける。
  • 網掛け=ファイルの一部からポインタをドラッグアンドドロップし囲った部分を選択する。
  • クリック~Shiftキープラスクリック=挟んだ部分を全て選択。クリック~Ctrlプラスクリック=飛び飛びで複数選択。
  • ファイル=作成した文字列の記録に名前をついけたもの。
  • フォルダ=ファイルを項目ごとにしまうカバン。
  • アイコン=リンクしたファイルを起動するマーク
  • リンク=文字や画像(バナー)をクリックしてほかのファイルに移動するドアノブ。
  • フラグメント=使い古したメモリダンプファイルなどの古いファイルの残骸などによって、ファイルが破損している状態
  • デフラグ=プログラムのアクセサリの中にあるツール(道具)=フラグメントを修復する(アーカイブ=統合可能ファイルで同じ項目のファイルを統合する)
  • インターネット=LANケーブルや、無線LAN、WI-FIなどの接続で他のコンピュータ(サーバー)につなぐ。
  • インターネットエクスプローラー=eのマークのアイコンで起動するインターネット閲覧用ブラウザ
  • テキストエディタ=打ち込んだ文字全てを額面道理表示、記録するツールプログラム
  • ブラウザ=テキストエディタで打ち込んだ<>内のプログラム(HTM、HTML)を実行(画像や文字の大きさ、リンク、音声など)して開くプログラム。
  • IP=インターネットプロトコル=8桁の0と1
  • キーボード=タイプライターから派生する文字列=タイピング練習ソフト
  • アプリケーションソフト=追加されたプログラムソフト
  • OS=オペレーティングソフト=1つのブラウザソフト=DOS(黒と緑の何もプログラムされていない)
  • で作成されたタグ(実効命令)を読み込む為の器=Wndowsなどを起動下で画像や音声を実行可能にする
  • デバイスドライバー=サウンドボードやグラフィックボード、チップセット、インターフェースなどのハード
  • (物理的に形のあるパーツ)ウェアをWindows実行かで互換性を持たせるソフトウェア(プログラムデータ=データで物理的に形の無いもの)で、
  • 付属のCD/DVD-ROMを読み込みSetupする。タブレットPCやネットブックPCの場合USB外付け光学ドライブが必要。
2013.1.11工場の種類
刃物
  • 鉄鉱石を溶鉱炉に入れ、2000度3000度に熱して溶かし、
  • 鋳型にいれて、刀の原型に固め
  • 火にくべて、赤くし、かなづちでたたいて刃を伸ばし、
  • 水に入れて焼きをいれ、また火にくべて刃を伸ばす。これを繰り返し、
  • >砥石で研いで、切れるようにしたら出来上がり。

工場
金属加工工場
  • 鋳物工場
  • 旋盤、ねじ切り工場
  • めっき工場
  • 溶接工場(ガス溶接、アーク溶接)

その他の工場
  • プラスチック成型工場
  • 繊維工場(綿、絹、毛)、化学繊維(石油由来:ポリエステル、アクリル、塩化ビニール、プラスチック、合成樹脂)、織物工場、ミシン工場
  • 製薬工場(漢方:植物由来、動物由来/ 科学製剤:石油由来、動植物成分抽出)
  • 宝石カット研磨(ウォーターカッター)工場
  • 製品組立工場
  • 食品加工工場
ギターのチューニング・Jazz発祥
ダウンチューニング
  • 洋楽(American hard rock)をコピーする時、バンドスコアどおりギターを弾いても、合わないことがある。それもそのはず、チューニング自体が半音~3音低いのだ。
  • ギターのチューニングを、D#-G#-C#-F#-A#-D#、であわせると、楽曲を再生しながらジャムれる。
  • これを音程を合わせて楽譜を書くとめちゃくちゃ複雑な譜面になる。=AでつくるリフもダウンチューニングだとG#になる。さらに彼らはスケールを壊す。ブレークスケール。

スラックキー
  • ギターのチューニングが伝わらずに、楽器だけ伝わった、ハワイの一子相伝のチューニング。代表的なものでオープンGなどがある。
  • オープンG=G-B-D-G-B-G。

Jazz
  • アメリカのニューオーリンズに、音楽理論なしで、黒人に楽器がわたり、アドリブの中から、生まれた独特のフィーリング。
  • 彼らの多くは、偶然に発生した7THや9TH、ディミニッシュなどのテンションコードで、
  • スケール上では、マイナー7(短7度)やマイナー9(短9度)を使わなければいけないような所で、メジャー7(長7度)やメジャー9(長9度)など
  • スケールをはみ出した音を当たり前のように操り、自信を持ってあってるという。
  • そしてそれを難しい音楽と呼んでいる。突発的な#と♭と転調に一定のルール(フィーリング)が存在する。
2013.1.2レコーディングとマスタリング(アナログ~デジタル)
レコーディングとマスタリング
  • レコーディングは、録音=マイク(ピックアップ)やキーボードのラインを、空気の振動~磁界の方向~電気の方向に変換し
  • (横方向にまかれたコイルを通る電子が、縦方向に隣り合う金属間で引っ張り合う。そこで磁界が生まれる(空気の振動=波動は陽子と電子の奏法の揺れで、陽子+と電子-の揺れ=電磁波が、磁界の揺れ=方向になる)。
  • その空気に接する面をたくさん作るためにコイルがあり、空気の振動が、電子の流れに波打たせる)
  • 電気の信号をマグネットに通すと震える。それに皿をつけると音に戻る。
  • その電気信号を磁界の方向に戻し、S極N極をテープに記録したのがカセットテープ
  • カセットテープはA面のLとR、B面のLとRの4トラック。これを別々に録音再生する機械がMTR。
  • このカセットテープを太くしたのがオープンテープ。これを太さを区切って、LとRを32トラック作るのがオープンテープ。半分でハーフオープンテープ。
  • このオープンテープをトラックごとに別々に録音再生するのが、
  • マルチトラック録音機(オープンテープの幅を分割し、トラックごとにヘッドがつけられ、個別に出入力できる機械)。
  • 出力も入力もトラックごとに、ミキサーにつなげる。
  • トラック別に録音されたソースを最終的に、LとRの2トラックにピンポン録音する。これがマスタリング。
  • 現代ではデジタル化され、コンピュータのハードディスクに記録されるが、
  • 昔の、レコードも、コンピュータに、オーディオインターフェースにマルチトラック録音機を接続し、
  • >波形編集ソフト(音楽作成ソフト)に録音するデジタルリマスターとしてよみがえっている。

  • コンピューターレコーディングは

  • この白と赤の音声データと黄色をカメラにつなげるとVTRや動画になる。
  • 活動写真の横(縁)にカセットテープがつけられ、映画が音声付になった。
  • 昔の映画やビデオを高解像度の再生装置で再生し、ビデオキャプチャ(PCI、USB)で、黄色(D端子、DVI端子)と白赤(音声)
  • (すべて=HDMI端子)でつないで、デジタル化(デジタル互換で録画する)。=デジタリーマスタード。
2012.12.31コード進行
  • 作曲で、コード進行を出し尽くした感がこもって、新しいものが作れなくなったとき、
  • 昔作った名曲のコード進行たちを組み合わせたり、メロディーを違うものにしたり、キーを変えたりする。
  • 転調もいい。
  • 要は自分がいけてるかどうか。それだけ。
  • かといって、同じものばっかり使ってもかえって煮詰まる。
  • 自分が飽きないように、メジャーな曲、マイナーな曲、ハイテンポな曲、
  • ミディアムテンポな曲、スロバラード、ワンコードごり押し(繰り返しの妙)、などつくり分ける。
2012.12.24デジタルシンセサイザー
デジタルシンセサイザー
  • デジタルシンセサイザーは、サンプリングした音源の倍音の周波数から原音の周波数を引いて、12で割り、鍵盤に充てる(加算ポリフェニック)。
  • と、原音の周波数-半数の周波数を12で割る(減算ポリフェニック)がある。
  • PCM音源、サンプラー、物理モデル音源とも、楽器の音をサンプリングし、その音を
  • PCM音源はそのまま、物理モデル音源はその音を物理的にラッパやバイオリンのボディーを計算し共鳴する音を演算する。
  • サンプラーはユーザー自身でサンプリングするキーボード。

アナログシンセサイザー
  • 電話機のトーン音を加工してつくるシンセサイザー。テルミン
2012.12.23会社
会社
  • メーカー(工場、商品開発、経理、販促、宣伝)、
  • 商社(現金での一括大量買付けからの小売店への転売での中間マージン)、
  • 広告代理店(企業の広告宣伝費での、広告(ポスター、チラシ、CM製作、キャッチコピー)の開発、)
  • 出版社(印刷会社、編集者)
  • 新聞、テレビ局(広告料、宣伝料、CM放映料(30秒数百万円:番組制作費=割安、クライアント、スポンサー)
  • (全国放送で視聴率1%=不特定多数の人130万人が同時に見ている)
  • 大手小売チェーン店、
  • IT企業、ITベンチャー企業
  • サービス業、
  • 農家、漁業
  • 問屋、市場。
  • 労働組合による労使間交渉。ベースアップや有給休暇、残業時間などの労働条件の改善。とストライキ。

  • 株主による、取締役の任命。取締役社長、取締役監査役、取締役会長、取締役専務、取締役常務(筆頭株主自身が社長になることも多い)
  • 部門:企画開発部、経理部、広報部、人事部、営業部、庶務部ほか
2012.12.22MIDIシーケンサー
  • シーケンサー(DAW Soft)とMIDI音源、MIDIキーボード
  • (PCM音源、物理モデル音源、サンプリングマシーン)+(ラインケーブル:シールドケーブル)
  • +アンプ内臓ミキサー(アンプ内臓スピーカー)+(ラインケーブル:シールドケーブル)+PA(アンプ内蔵スピーカーにつながない場合)
  • サンプラーは、自分で集音(録音:サンプリング)して、その音を基準に周波数を変えて、音階にするもの。これにホールリバーブをMix:100分の20~30くらいでかける。
  • サンプラーには、音源モデュールをインストールして使う。その音源をデリートすると(工場出荷時の状態に戻すと)空になる。
  • *接続:MIDIスルー(MIDIチャンネルを個別に設定し、シーケンサーのMIDI outから、シンセ1のMIDI in、
  • シンセ1をMIDIスルー(自分の後ろ(MIDI out)に信号をつなげる)にし、シンセ1のMIDI outからシンセ2のINに、のように列をつなげる)
  • 複数台、音源をMIDIでつなげている場合、全ての音源の、ラインケーブルをアンプ内蔵ミキサーに接続する。
  • (シンセや音源にスピーカーが付いているわけではなく、さらにアンプ(波形増幅)で電源供給しないと音にならない。:MIDIは発音指令(鍵盤をたたく、音量、タイミング、長さ、音程、ピッチベンド:ビブラートを1と0の信号で)送るだけで、ラインは音声データ。
  • ミキサーに集めた、複数の音源は、1台1台、PAN(バランス)を振り分ける
  • パソコンを始めるには、ローマ字入力と、タイピング(キーボード操作)とマウス操作の練習用の、タイピング練習ソフトが有効。
2012.12.20音楽の壁
音楽に壁をつくらないで。
  • 自分はロックしか聞かないとか、逆にロックはうるさいだけとか、POPSは軟弱だとか、ロックは不良だとか、壁をつくらない。
  • その音楽に命かけてやっている人が奏でる音に、かならずいいところがあるはず。
  • そのいいところを探すように、嫌いな音楽(ジャンル)をつくらない。
  • いいところを見つけて分け隔てなく愛して。
2012.12.16人工衛星
人工衛星
  • 気象衛星:ひまわり。
  • 通信衛星網:GPS、携帯電話、衛星放送(BS,CS)、衛星中継。
  • 軍事衛星網:レーザーによる、弾道ミサイルの大気圏外からの爆破。
  • (ミサイル防衛システム)と地上の地対空ミサイル(音波感知ミサイル、熱戦追尾ミサイル)で弾道ミサイルより高速なもの。(アイアンドーム)
2012.12.16MIDIの規格
MIDIの規格
  • メーカーが違う楽器や音源を使う時も、作者の意図通りの音を鳴らすため、
  • 日本統一規格のGM(ジェネラルミディー)が持たれ、他社間での互換性が持たれた。
  • ほかに、ローランドのGS、YamahaのXGがある。
2012.12.15ギターサウンド
デジタルでの、ギターのディストーション(オーバードライブ:歪み)サウンド
  • アタック音:ピックで弦を弾くときの、キャキャって言う音
  • フレットを移動する指と弦がこすれる音。キュ。
  • 音の伸び:発音と消音、発音と消音を繰り返し、断続的に、切れ切れの、ガガガガ....と発音し続ける。その発音と発音の間隔がターン数。
  • 波形データとしてはギザギザ。
2012.12.14アコースティック・ギター
アコースティックギターのレコーディングとステージング
  • フォークギターのサウンドホールに向けて、中音域のレベルの高いマイクで拾う。
  • フォークギターのサウンドホールにピックアップを装着する。
  • アコーステックギターのボディー内部に中音域に特化したピンマイクを仕込み、テールピースをジャックにしてシールドケーブルをつなぐ。

*いずれも、アンプに通すか、マイクの場合メインミキサーにつなぐ。
2012.12.13マイク~デジタルサウンド
マイク~デジタル音声
  • マイクはアンプから供給される微弱な電流を、コイルに流すことで磁性化する。
  • すなわち、横方向にぐるぐる巻かれた針金(超伝導体)の中を電子が流れていくが、縦方向に隣り合った針金があることで電子が引っ張られ電気抵抗となる。
  • その電子の流れに周期性があり、そこに空気の振動を当てると、その電流の周期を電気の揺れとして、流れていく。
  • *空気の振動を捕らえるのに、コイルという針金として空気への接触面積が最大限の媒体がもっとも有効。
  • フレミング左手の法則がこれに当たるが、空気の振動を力の方向→磁界の方向→電気の方向に変換する。
  • この揺れをアンプの真空管に伝わせると、中に空気が存在せずガラスだけの振動として揺れを大きくし(増幅し)、
  • その電気の振動を、フェライトマグネットに通すと、磁石自体が振動し始め、
  • それに皿をくっつけると空気の揺れとなる。
  • この電気信号を、途中で、磁界の方向に直し、S極とN極として中間保存下のがカセットテープ。
  • それを16文字の0と1で2進法で周期を捕らえるのがデジタル(CD-DA方式)。
2012.12.13MIDI
  • 機能は、テンポ120で、4分音符は、1分間に120回、すなわち、0.5秒に1回、発音指令を出す。
  • MIDIエディタは1拍を960に分ける。8分音符だと、0と480。3連譜だと0と320と640。16分音符だと0と240と480と720。
  • 臨場感を出す為に、8分音符や16分音符の裏をずらす。0と500。0と250と480と750。
  • さらにベロシティーもばらつかせる。100と92、(ハイハットの場合100と75。100と75と80と75)さらにこれらにゲートリバーブをMix20/100でかける。
  • この時計機能を(ピアノロールで入力データを右クリック~プロパティー)、
  • 音程(C1やG#6など)と音の開始時刻(クオンタイズ、タイム)と音の長さ(音の終了時刻、ノート、デュレーション)
  • 、打鍵(ベロシティー:0~127)の強さ、テンポ、ピッチベンド、MIDIチャンネル(GM=ジェネラルMIDIの10Chはドラムス)
  • パッチナンバー(48=ストリングス、61=ブラスなど。)などを記憶し、
  • この発音指令をシンセに送り、発音させ、ラインケーブルで、ミキサーに出力される。コンピューターの時計機能の一つでテンポは可変。
  • 発音指令は、MIDIOUTから出て、音源のMIDIINに入り、鍵盤をたたくのと同じ命令をシンセの基盤に伝え、発音させ、ラインでスピーカーとつながる。
  • *MIDIケーブルだけつないでも音は出ない。キーボードとして音の鳴る環境下ではじめて発音する。
  • マルチティンバー音源では、複数の音源(パッチ)を同時に発音できる。
  • サンプリングマシーンをMIDIで鳴らすような、音源の鳴りにこだわるなら、
  • ソースごとにMIDI音源をつなげ1台に付き1台の音色でMIDIチャンネルでわけ、複数台使い分ける。
  • (このシンセはドラムに特化、このシンセはストリングス、
  • このシンセはブラス、ベース、ピアノ、エレピ、Music Box、ハープシコード、
  • ミューテッドディストーションギター、ピッキングハーモニクスディストーションギター.....など1台でひとつの仕事だけをさせると、
  • 数人でプレイしているバンドのように聴こえる)
  • 全ての音源は、コンピュータのMIDIインターフェースの分枝したMIDIOUTから、
  • 音源のMIDIINにつなぎ、全ての音源は、メインミキサー
  • (Vo.コーラス用や、ステージのGアンとベーアンとドラムなど全てのソース)につないで、
  • ステージ両端のPAで大音量で鳴らす。PAが大音量なので、ギターやベースが大音量である必要はない。
  • (マイクで拾うから、マイクはギターアンプにつながっているわけではないのでマイクはハウらない。ただの歪ませすぎ音量上げすぎのフィードバック。)
2012.12.11 PC recording:Audio Interface
ユニット
  • MIDIキーボードのエディット機能(10CH=Drums、1Ch=Piano、2Ch=Strings、3Ch=Bass、4Ch=Brass、5Ch=Synthなど(例))、打ち込み、
  • もしくは、コンピュータのMIDIエディタと音源をMIDIケーブル
  • (コンピュータ蛸足MIDIインターフェースMIDIOUT~複数の音源MIDIIN
    *音源にはサンプラーなど、ドラムがいいキーボードやピアノがいい、ストリングスがいい音源があるため使い分ける)
  • そして、そのステイションシンセや、MIDI音源のヘッドファーンOUTやラインOUTを
  • (ステレオミニ、ステレオ標準~標準モノ×2(白をPAN左いっぱい、赤を右いっぱい))をメインミキサーにつなぐ。
  • そのMIDIにあわせて、ギターと、ヴォーカルを演奏する、この形態の2人~3人(+ダンサー+ラッパー)をユニットと呼ぶ。

  • ユニットのレコーディング
  • コンピュータのMIDIデータを、
  • 音源キーボードからミキサーに、
  • もしくは、コンピュータ内のソフトシンセをオーディオインターフェースでミキサーに、
  • いったん発音させて、ステレオオーディオトラックとして、コンピュータに録音し、
  • それにあわせて、ギターやボーカルを録音する。
*ソース別に録音されたトラックのヴォーカルやギターのトラックをミュートしてオケとしても使える。 オーディオインターフェース
  • ミキサーを2台用意。
  • 1台目のミキサー(インプット用:録音素材用)の1Chにギター。
  • Edirol-UA-1EXのインプットと1台目のミキサーのTapeOut(白と赤)をつなぎ、
  • 1台目のMainOutを2台目(モニタリング用)の1Chと2Chに接続し、1Chを左いっぱい、2Chを右いっぱいにPanを設定。
  • UA-1EXのアウトプットをRCA~標準モノ(バナナクリップ)×2で、2台目の3Chと4Chに接続。PANを左右に1Ch2Chと同じように割り、
  • 2台目のPhoneOutでモニタリングする。
MIDI
  • *MidiデータはUM-1XのコネクトトゥーInに出力したデータを1台目の1Ch(ギター)と2Chに接続し、オーディオファイル化しておく。

  • *ソフトシンセを使うときはUA-1EXのアウトプットを1台目にステレオでつなぐ。
  • 音が回らないように、録音トラックと、そのほかのオーディオトラックをMuteする。
  • 取り込んだ音を発音しなくなる。MixDownもこの方法を使う。
  • がオーディオファイルをMuteすると、録音素材まで発音されなくなるので、それらのトラックのInputを「なし」に設定する
2012.12.10スリーコード
ロックンロールのスリーコード
  • ハ長調=Cの場合、このスケールで使うコードは、
  • C(ドミソ)、Dm(レファラ)、Em(ミソシ)、F(ファラド)、G(ソシレ)、Am(ラドミ)、Em/B(シミソ)
  • この中からメジャーコードだけを抽出すると
  • C、F、Gが残る。
  • これを並べ替えると、C-C-F-C-G-F-C-Gとなる
  • そしてこれに、Cのペンタトニック(5つの調)、ドレミソラ(ファとシは使わない)を乗せる。
  • それ以外も、調を変えるだけで同じ。たとえば、A,D,E、G,C,D、F,A#,C、E,A,Bなど。

メタルのスリーコード
  • よく使われるのが、Em-C-D-DやC-D-Em-Emなど。これにはGのペンタ(ソラシドレミ)が乗る。ちなみに、AmにはC(ドレミソラ)がそのまま乗る。
  • *そのマイナースケールの主音の短3度上のメジャースケールのペンタが乗る。
2012.12.6楽器のハーモニー
  • 単音楽器のハーモニー(ストリングス(弦楽器、パッチナンバー48))、ホーンセクション(ブラス、パッチナンバー61))
弦楽4重奏
  • (C)コントラバス(ダブルベース)(ド=C2):チェロ(ド=C4):ビオラ(ミ=E5):第二バイオリン(ソ=G6):第一バイオリン(ソ=G7、G8)。
  • (Am)ラ=A1:ラ=A3:ド=C4:ミ=E5:ミ=E6、E7、E8
  • シンセサイザー(パッチナンバー48)のストリングスや(パッチナンバー61)のホーンセクション(ブラス)の場合、
  • (C5):C6:C7:C8や(A5):A6:A7:A8などのオクターブ奏法とプラスαの3度(ミやド)5度(ソやミ)などの音をどこかのオクターブ上に。
  • チユーバやユーホニューム、ホルン:トローンボーン、テナーサックス:アルトサックス、トランペット:ソプラノサックス、トランペット。のオクターブ奏法。
2012.12.2冬到来
  • 暮れも差し迫って忙しい月がやってきいました。
  • 寒さ対策は大丈夫ですか。
  • 夏のエアコンの設定温度は28度。+除湿
  • 冬は18度+上着+加湿。うちは火事と火傷の心配の少ないオイルヒーター
  • 石油ストーブ、ファンヒーター、ガスストーブを使用の場合、6時間に1回は換気しましょう。
  • 一酸化炭素中毒になる危険性があります。青い炎はOK完全燃焼。赤い炎はOUT不完全燃焼。
  • 屋根の角度の平らに近い家は、雪下ろしをしないと、重さでつぶれます。足を滑らせて死亡者が毎年出ます。
2012.11.25ドライブ系エフェクター
  • ドライブ系エフェクター(ギター、ベース)(ズーン、ジュンジュン、ギャーン系)
  • (マーシャルアンプのGainを上げたのと同じ歪みが得られる)パワーといえばこれ。小さい音でもOK。
  • オーバードライブ(インプット(入力)レベルがレッドゾーン10デシベルを超えて、発音消音発音を繰り返す断続的な音。
    デジタルの世界ではギザギザの波形で発音消音を繰り返す音。
    =バイオリンの弓のように弾くとミュートを繰り返す、
    バリサックスのつばが詰まって発音消音を繰り返すのと同じ)わざと音を割る。
  • ディストーション(トレブルとバスをブーストし、ミドルカットで音を割る:イコライザー系。)
  • FUZZ
  • Vo.にかけると拡声器のようになる。
2012.11.16モニタードライバー(8Bit)の例
  • 液晶画面の画面解像度の最小の点ごとに、色を決め、それを水平走査線上に並べていく。
  • たとえば、インターネットプロトコル(IP)の8ビットで色を決めるには、
  • FONT COLORでおなじみの、rgba(0,0,0,0.0)~rgba(255,255,255,1.0)など、
  • でここで構成されている文字1つを0~255内で決め、その文字6つで色を決めている。桁を増やすと発色数が倍増する
  • その色指定を解像度の最小の点で表せる発色数の範囲で、
  • 画像を点ごとに色分けし、色指定を横に並べて、それを順番にたてに連ねたものをファイルとし、
  • Windows起動下で、この色指定タグがブラウジングされる。
  • テレビなどの、画面走査はチューナーで色分けされ
  • (電波のゆれをチューナーで文字列に変換:使われているエンジン(CPU)の性能により受信から起動まで時差が違う)で、
  • チューナーにとどくまでの電波による色指定は世界共通で、チューナーからモニターへは会社ごとの独自技術。
  • Windowsのように、自分で動かすカーソルなどが、テレビにないだけで、タグによる色指定の羅列はテレビでも同じでその暗号が独自。
  • Windowsでは、自分の持つ自由な画像ファイルを、モニタ上に貼れて、さらに加工したり、DVDやブルーレイの暗号(DOS内のタグ)も読める。
  • その画像データによる、点の羅列の色指定は、グラフィックカードなどでモニターに送られ、また、ハードディスク/SSDなどに保存できる。
  • さらにWindowsは、さまざまなタグによるプログラムを実行するブラウザとして起動する。
  • これは、このオペレーションシステムにおいての、DOSによるプログラム実行互換である。
  • 液晶ディスプレイにおいて、赤緑青白(四角)黒(格子の枠)1つが画素(ハイビジョンはこれが細かく、フルハイビジョンはさらに細かい)の、
  • 1つの色ごとに分かれる液晶があり、その上に上記の色のフィルムが乗っている。
  • その画素をいくつでひとつの点とするかが解像度で、同じ赤でも、解像度が高くすると、
  • 同じ赤でも、1つの赤、解像度を下げると、1つの赤、2つの赤、3つの赤、4つの赤と発色数が増える。
  • が、輪郭がかくかくする(1つの点としての四角が大きくなる為)。
  • 色は、そのフィルムの後ろの液晶が、バックライトを遮るか、透過するかで決まる(黒は枠を透過する)。
  • 赤緑青白黒の1つの画素を4つの四角い色の集合体とその縁取りとして、色ごとに液晶の粒が設定され、
  • 画素4つで1点をあらわす時、赤緑青白黒は1~の色の濃さ、と中間色(光は黄色は緑と白:絵の具は青と黄色で緑)のバリエーションを得る。
  • 画素が小さければ、解像度を上げても輪郭を表す点が細かいのでかくかくしにくい。
2012.11.13iTunes
  • インターネットエクスプローラーでAppleを検索しアクセス。
  • iTunesタブをクリックし、メールアドレスを登録。
  • iTuneとQuickTimePlayerをダウンロードし実行(無料)(Windows対応)
  • iTunes Store内で、一曲あたり200〜250円で購入するか、アルバム単位で購入するか。
  • 現代では、Apple Musicも始まり、ストリーミングという聴き放題プランができてきている。
  • プレイリストを作ったり。ジェニュイン機能を活かして、マシーン任せで、ランダムに曲を再生することができる。
  • また、iTunesおよび、Apple Musicは、スートフォンにも搭載され、Bluetooth(端末間、暗号電波通信:短波)や、Wi-Fi(無線インターネット:無線LAN(IEEE8.01承認の場合これをWi-Fiと呼ぶ)でハンズフリーで接続できる。
  • カーステには、シガーライターにて電源供給される、Bluetoothレシーバーから、ステレオミニでカーステのAUXに接続すると、アンテナ圏内で聴き放題となる。
  • iPodをUSBに接続すると、同期が始まり、aac(m4a)やmp3ファイルの転送(コピー)が始まる。
  • iTunesで、複数の曲を選択(青く反転)するには、最初に選んだ曲と最後に選んだ曲の間の曲を全て選択するにはシフトキーとマウスのクリック、
  • 選んだ曲に一曲ずつ足していくにはCtrlキーとクリック。
  • 選択した全ての曲を、右クリックでプレイリストに追加。
  • 車でipodを聞くには、FMトランスミッター。シガーライターのソケットにつなぎ、iPodから、カーラジオアンテナに送信する。
  • FMラジオの周波数を合わせるだけ。全てのコレクションをiPodClassicで車に。
2012.11.5音楽ダウンロード
  • インターネットエクスプローラー(eのマーク)やsafariで最上部のアドレスバーでクリックすると青く反転する。
  • そこで、DELETEキーをおし、http://jp.msn.com、*http://を付けずに、www.~.jp、と打っても接続されない。
  • かならずhttp://を頭につける(httpサーバーの/というドライブの/というフォルダにアクセスする。
  • MSN上で、googleやYahooなど検索エンジンに飛ぶこともできる。
  • そこで、音楽ダウンロードサイト(携帯やスマホ、タブレットでは、着うたフルや着うた野場合もある)を検索し、
  • サイト内で、アーティストや曲名で検索し、ダウンロード。
  • ファイルの保存先が、ユーザー(コンピューターの登録名)フォルダのマイミュージック内にダウンロードされているのを確認し、
  • ituneやwindows media playerを起動し、ファイルメニューからライブラリに追加で、上記のファイル(マイミュージックフォルダごと)を選択し、Enter。
  • Zipファイルなどの、コピー制限のあるファイルは、バックアップが取れないが、
  • MP3やAACは、マイミュージックの中身を、CDに焼いたり、外付けハードディスクにコピーしたり、メモリカードやメモリスティックに保存し、
  • コンピュータが壊れたり、ディスクドライブを交換した際には、バックアップから、マイミュージックに戻し、ライブラリに追加する。
  • *ノートパソコンやタブレットのヘッドフォーン端子やデスクトップパソコンのラインアウトに、
  • 「アンプ内蔵スピーカー(外部電源つきスピーカー)」をつなぐと音が出る。
  • ノートパソコンのスピーカーより高音質で再生できる。安いものではsofmap.comなどで¥980からある。
2012.11.3中古CD(古物商)
  • 中古CDは、古物商と言う、中古販売業の免許のもと、会員番号と、シリアル番号の管理を行う業者で、販売され、それ以外は、違法行為である
  • 現在では、iTunesなど、PCソフトから、簡単に、インポートできるが、やはり、今では、同じく、iTunes store, google play music, Amazon music, mora, e-onkyo, OTOTOY, レコチョク、うたパス、oricon musicなどで楽曲をダウンロードするか、
  • 定額制音楽ストリーミングサービスで、月額、960円、AWA、spotify、Line Music、980円でApple Music、780円+プライム会員でAmazon prime music Unlimited、ほか、Rakuten music、kkbox、Dヒッツ、Smart USEN、などで聴き放題となり、
  • Line music では、月20時間まで、ワンコイン=500円のさーびすもある。そのほか、学割の適用など、さービスが充実してきている。
  • フランス発のアプリ、Deezerでは、2800円と高額ながらも、CDと同等の音質を誇り、320Kbps、FLACでの、配信が開始されている。
  • 今まで、音楽に数万円かけていた、お金が、わずかに1000弱ポッキリ。これは、音楽界の革命となるであろう。
  • 老若男女問わず、気軽に始められる、音楽体験。これはおいしい。

Copyright (c)(p)2020Grandcross.info site, all right reserved.